top of page

いろいろな国いろいろな 面白いお話 エストニア2

更新日:2021年8月21日

前回より続く


そうしたら、お客さんの一人が「私、国後(くなしり)に行ったことがあるの。」とおっしゃった。ふうん、随分変わったところに行く機会のあった人なのねえ、と思っていた。

その話をエストニアの友人に話すと「その人、スパイだったかもね。」

え、?

「エストニアがロシアの支配下にあった時、団体旅行には、必ずK G B

がついていたんだ。 だから、ツアーのメンバーと歓談しながら、みんな誰がスパイなんだろう、って 心の中で探っていたんだよ。」

わあ、、、本当?  映画の世界が ここでは 本当だったんだ。。

改めて 世界の面白さを知った感じがした。

いろいろな国いろいろな 面白いお話


どうりで、と

あとで気がついたのは、 エストニアの人たちは 

初めてあった初日は、なかなか慎重で あまり笑顔も見せなく、言葉も少ない。

そして数日共に過ごし、

ある時に堰を切ったように質問の嵐になる。

その質問も深くて面白い内容だ。

深く日本を観察した後、「まりだったらお話しても大丈夫みたいだ。。」とお墨付き(笑)をいただき、いろいろなことを聞いてくる。

そして、心から 日本を愛してくださる。 

この不思議な暖かさが私は大好き。

その国の文化は歴史や環境で 作られていく。

今、

大好きなエストニアの友達と また会えるのを心から楽しみにしている。




閲覧数:4回

コメント


bottom of page